ベビーに適した服装|愛しの我が子にぴったりな子供服がお目見え
女の子たち

愛しの我が子にぴったりな子供服がお目見え

ベビーに適した服装

ベイビーとお母さん

ベビー服はかわいらしく、見ているだけでほほえましくなります。ベビー服は着せやすく、脱がせやすい、お世話のしやすいもので、赤ちゃんの動きを妨げないものを選びます。ベビー服はオールシーズン着られる厚さのもの、前開きで、スナップが止めやすいものを選びます。ねんねの多い赤ちゃんの時期は襟が大きいものは、顔を覆ってしまうことがあるので避けます。スカートタイプも裾が捲れてしまうのでふさわしくありません。赤ちゃんはおむつがもれたり、ミルクをもどしたりと一日に何度も着替えます。洗い替えも考慮して10枚くらい用意すると良いでしょう。誤飲を防ぐため、取れやすいボタンやリボンがついているものは避けます。肌着とベビー服を着せて、寒いようなら羽織りもので調整します。大人より一枚少ないくらいを目安にします。

ベビー服を用意する時は50から70サイズを用意します。60サイズではすぐに小さくなってしまい、着られなくなってしまうからです。ベビー服を着せたり、脱がせたりする時は服をまとめて顔を覆う時間を少なくします。視界が遮られるのを嫌がって着替えを嫌がる子供が多いからです。赤ちゃんの動きを妨げないように足先は出ているタイプのベビー服が良いでしょう。外は寒い季節になっても、家の中は暖かいです。上着で調整するようにします。動きが活発になって、おすわりが出来るようになったら、上下セパレートの服に切り替えます。外に出る機会も増えますので、転んで服を汚しても良いように、安価で丈夫な服を選びます。子供らしい服を選びます。男の子は男の子らしい服を女の子は女の子らしい服を選ぶと心の成長もスムーズです。きれいな色の服を着たほうが元気になれます。