子供たち

愛しの我が子にぴったりな子供服がお目見え

ベビーに適した服装

ベイビーとお母さん

赤ちゃんは一日に何度も着替えるので、着せやすく、脱がせやすいベビー服を選びます。襟の大きい物は顔を覆ってしまうので、避けます。誤飲の原因になるので、取れやすいボタンやリボンのついているものは避けます。サイズは50から70を選びます。動きが活発になったら上下セパレートの服に切り替えます。

読んでみよう

おしゃれ大国と知ったなら

男の子

韓流ブームによって韓国がファッション大国であることを知った日本人の間で、おしゃれなのに安い子供服に人気が集まっています。成長が早くてすぐに着られなくなる子供服だけに、安いうえにおしゃれとくれば買わない理由はありません。

読んでみよう

子供の靴下の選び方

複数の子供

子供靴下を選ぶ際にはいくつかのポイントがあります。まずは、子供の成長は早いので、購入する前に毎回サイズを測ること、肌が弱い場合には素材を吟味してあげること、走り回る子であれば丈夫な布地を選ぶことなどです。

読んでみよう

子供らしい装いを

女の子

機能を重視します

近年はファッションに関心が集まり、子供服もファッション性が高くなっています。しかし、3歳までは、お漏らしをしたり、食事をこぼしたりすることも多いです。その度に着替えることになるので、着せやすく、脱がせやすい子供服を選びます。幼稚園に通園するようになると、自分で着替える必要がありますので、自分で着替えやすい服を選びます。ボタンやファスナーなどは購入する時に自分で出来るか確認しましょう。幼稚園までは女の子もズボンの方が着脱がしやすく、トイレの失敗も少ないです。自然素材で作られている子供服の方が肌に刺激が少ないです。アトピーなど皮膚が弱い子はタグなどが当たっていないか確認します。小学校に通学するようになったら、女の子はスカートも良いでしょう。長すぎるスカートは机に引っかかったり、トイレで引きずってしまいます。短めのスカートの下にスパッツを履けば、下着が見える心配もありません。

子供らしい色と柄を

大人顔負けの子供服も市販されていますが、子供らしい服を着られるのは子供の時だけです。子供らしい明るく元気な色と柄を選びます。リボンやビーズなど素材の異なる飾りは洗濯しているうちに取れやすくなります。また、子供が小さいうちは誤飲の原因にもなりますので、飾りがないものの方が良いでしょう。通販などを上手く利用して、安くて丈夫な服を探します。子供は服を汚します。服を汚さないようにと言ってばかりいると子供の行動を制限してしまいます。運動不足になって体調を崩したり、運動嫌いになったりします。少しくらい汚れても気にならないような子供服を選びましょう。幼稚園の頃からはポケットのある服を選び、ハンカチを持つ習慣をつけます。